離婚エキスポ(ジャパン)東京2013に学ぶ離婚後の生活|再婚・調停・手続き

2013年04月20日(土)・21日(日)に日本初上陸となる”離婚”に関するイベントが開かれる。
その名も「離婚エキスポ東京2013」。その内容は離婚をスムーズに円滑により円満に(?)進めるためのもの。参加する業種も様々で、弁護士・離婚アドバイザーを始め、離婚後の新生活をサポートするインテリアデザイナーやメンズエステ・人材派遣会社・婚活サポート業者といった様々な業種も出展!!
対象はもちろん離婚計画中の方・離婚調停中の方・離婚後の新生活を踏み出した方・再婚活動中の方・シングルマザー・シングルファザーなど。離婚のあらゆるダメージを最小限に抑え、新たに始まる第2の人生の手助けを目的とするイベントなんです!離婚率も年々上昇する昨今、そういえばなんで今までなかったの?って感じでしょうか。
にしても「離婚」=「ネガティブイメージ」はもう古いかもしれませんね!!


離婚ってそんなに大変なの?!

結婚はもちろん離婚も経験した事がない私ですが「離婚は結婚するよりも数倍疲れる」とよく聞きます。
離婚した方々も数多く見てきました。私の経験からすると、離婚後の男性はシュルシュルとしぼんでいく一方で女性はイキイキと綺麗になっていく方が多いような気がします(笑)。

そしてやはり「子供アリか?ナシか?」でも”離婚”の重さは変わるのでは?
転居・郵便物・クレジットカード・保険・携帯電話などの住所変更はもちろん、名義変更・戸籍関係…あああ面倒くさそう。
これが子供ナシで夫婦二人だけだったらまだ転居時と同じような間隔ですが、子供がいる場合は子供の保育園・幼稚園・学校の手続きやメンタルケア・養育費の問題…と離婚したくてもやはり「お金」がないと難しい問題のようです。
ギクシャクした仮面夫婦の元で育つよりは、潔く離婚して明るい新生活で育っていくほうが健康的で子供のためにもなりそうなものですが、子供にとってはたった一人の親。「離婚なんて知ったこっちゃないしここで産まれ育ったのに親の都合で勝手に環境変えられちゃうワケ?!」と迷惑な話かもしれませんねー。

かくいう私もシングルマザーの家庭で育ちましたが、両親が離婚した時期が小さかったためか対して記憶がありません(笑)
同じく両親が離婚した友人との会話も幼少期から明るいものです。なので今ドキのお子さんならもっと”大人の離婚”に対して耐性が強いのかもしれませんね。時代でしょうか。

離婚時に気をつける手続きのポイントって?

“住所変更”に関しては通常の転居時となんら変わりはないでしょう。スムーズに進められそうです。
しかし”名義変更”となると気をつけるべきポイントが。それは「各種支払いの引き落とし口座を夫名義にしていた場合」。変更手続きは契約者本人でないとできない場合もあり、離婚後に気づいてモメるというケースも少なくないんだとか。

あとは”財産分与”。
一緒に購入したソファや家電など、一見「ちっちぇー!!」と思いそうな事ですが愛着もあるしモメやすい大事なポイントなんです。円満に財産分与ができないようであれば潔く売っちゃいましょう!リサイクルやオークション等に出して現金化するのが一番なんだそうです。
離婚とは一つの”けじめ”。割り切ってそこはクールに手続きを進めるべき。

比較的円満に離婚したケースのほうが、お互いに多少の甘えがあって後々モメるパターンが多いとか。
離婚とは”なあなあ”になってはいけないのです!!心を鬼にしてクールに進めるのが明るい新生活のポイント☆さっそく再婚活に前向きな方も、なあなあになっていては相手に失礼です。

とはいえ「収入・お金」の問題が…

収入や職業の都合で妻が新たに部屋を借りにくい場合も多々あるでしょう。妻はそのまま夫名義で借りていた家に残り、夫が新たに家を借りて出て行くケースって多いんですよね。
この時に注意すべきポイントは”賃貸契約の名義をそのままにしておいてはいけない”という事。元妻が家賃を滞納してしまい夫が家賃を請求されるトラブルも頻繁に多発しているようです。
“円満離婚”とはいえ離婚はリコン!!
長年連れ添ったからって子供がいるからって変に情を返すと、かえって新たなトラブルを生む事になりかねません。
離婚前に夫のクレジットカードで妻が大量に買い物をし、離婚後に多額の請求がきた!!なんて悲惨なケースも…。

やはり精神的に「しんどい」と心得よ!!

円満に離婚できたとしても、親戚や会社への離婚報告・周囲の目・心ない一言に傷つく事もあるでしょう。わざわざ声を大にして離婚を発表するわけにもいきませんが、やはり離婚経験者は戸惑いを隠せないといいます。聞かれたら答えるという程度や、さりげなくfacebookのプロフィールを「既婚」から「未婚」に変えた…など恐る恐る裏では勇気を振り絞っている離婚経験者。

未婚の私からすれば「結婚する時はあんなに盛大に浮かれた顔で大人数の前で神にも誓ったんだから離婚の時も大声で笑顔で”離婚しました”って言うべきでしょ!!」と思うんですが(笑)。
まぁ、やはり離婚するってなるとちっちゃな事から大きな事までいろいろとやらなきゃいけない事が増えるんですね。
できればモメる心配の無い結婚相手を探したいところですが、結婚生活の最中、人間って変化する生き物なのかもしれません。

離婚エキスポ東京2013、興味のある方は足を運んでみては?

因果応報はある?略奪婚のその後と代償|後悔か不幸かそれとも幸せ?

世の中の女性の大半が言わないだけで経験しているであろう”不倫”。口には出さないけど実は経験アリな人って結構多い気がするんですよねー、私的には。
女も30代を過ぎると女子会での会話に変化が。「せっかく好きな人が出来たと思ったら結婚してたのよねぇ」「好きになった人がたまたま既婚者だった」など既婚者名言あるあるだらけ。
始めから不倫志願の女性は少ないと思いますが、相手が既婚者だからこその魅力ってなんとなくわかる気がします。


不倫からの略奪婚

略奪婚なんて言うと昼ドラや小説のようにドロドロしたイメージ。
不倫からの略奪婚には”女として勝者となった優越感”がどこかに見え隠れしているような気がします。
かといってイマドキ女子は「いちいち既婚者にハマってる暇なんてないわ」と先輩独女を見習ってサッサと婚活に励む賢さを身につけているようですが。
そんなにアッサリ脳みそ切り替えられたらどんなに楽か…と不倫中の女性は思う事でしょう。だって人を好きになるってやっぱり理屈じゃないもの〜。
そう思うと不倫とか略奪婚してる男女ってリスク背負っててやってるんだから、逆に素直で人間的で本能的で素敵かも〜なんて思うのは私だけ?
だって家庭もあってもしかしたら子供もいてもしかしたらチャペルで神に「誓います」って言ったのにもかかわらずなのに?!

彼女からの略奪と妻からの略奪

やはり、後から来た者は「奪った人」というレッテルを一生貼られるのでしょうね。
夫の不倫が原因で離婚した妻には「あの女が奪ったのよ!」って言葉が似合います。
“略奪婚”って言葉を作ったのってもしかして女なんじゃ…。

彼女から彼を奪うのと妻から夫を奪うのとじゃその代償の大きさも異なりそうです。
でも代償を追うかもしれない略奪した女みたいに、”奪われた感”がある妻は夫に対して尽くしていたかな?と思っちゃうのは私だけ?

「妻と離婚した」の言葉は嬉しい?


▶毎日遅くまで残業している既婚者のA君。BさんはそんなA君を見て「きっと家に帰りたくないんだわ〜」とホテルに誘いました。するとあっさりOK!不倫関係の出来上がりです。これでズルズルと続いてBさんも結婚適齢期を迎え略奪婚を考えたり結婚を迫ったりしたらマズい。

▶美人の奥様から夫を奪ったC子さん。「私の方が女として勝ったんだわ!」と喜んでいたのもつかの間。結婚して数年。自分も前妻と同じように夫の女関係が心配になり詮索します。案の定夫の浮気が発覚、離婚する事に。ただの浮気者なのか因果応報か…。

▶「離婚したら冷めました」と語るD子さん。不倫中は「寂しい…・彼が離婚して結婚できたら…」と彼の事が大好きでせつなく苦しい恋をしていたのですが、彼が離婚して自分のものだけになったとたん冷めてしまったんだとか。結局手に入らないもどかしさが良かったのでしょうか?それにしても気がつくと30代半ば。せっかく結婚できるチャンスを逃してしまうとは…。

やはり恋は盲目?

人のモノを盗ってはいけない!とはわかってはいるものの、どんどん深みにハマってしまう恋。
周りの友人から引き止められようがアナタが不倫に走るのなら、一度「失うものや代償の大きさ」について考えていただきたい。
ここは心を鬼にして婚活パーティや合コンに行くべきなのかもしれない。
彼が離婚するのはいつになることやら?相手の子供の将来は?慰謝料や養育費で大変な彼の家計を支える事ができるか?妻に訴えられかねない…。
人のものを奪ったり、彼が離婚するのを待ってるうちにイイ歳になったり、無駄な女の張り合いをするくらい”素敵な男か?”と自分に問いてみてください。


osusume
▶ とにかく出会いが多ければ必ず誰か見つかるはず!幸せが待っているはず!
【無料】結婚力・お相手診断

離婚率が高そうなスピード婚は失敗(後悔)か成功か?期間と妊娠の関係

婚活婚活…と婚活ブームの昨今、あの時できちゃっていたら結婚してたかも?
なんて過去の恋愛にふけりがちな独女さんもいるのでは?

いろんな理由で結ばれた夫婦がいる中、赤ちゃんができたという大きなきっかけで結ばれたカップルも少なくない。
いわゆるできちゃった結婚というやつです。

一方、できちゃったわけではないのにスピード婚で「なんでそんなに早く結婚したの?!」
と周りを驚かせるカップルも。

できちゃった婚(授かり婚)じゃないスピード婚にもタイプがある!


交際期間半年未満で結婚を決めたスピード婚カップルは大きな特徴として3つに分けられるようです。

【1】出会った瞬間から、お互い確信していた
よくある「ビビビ」ときたってやつでしょうか。
マンガやドラマの中のように「会った瞬間に、なんとなくこの人と私結婚するんだろうな」と思ったという直感。
同じように相手も確信していたなんて、ロマンティックすぎる!!
でもタイミングが合うというのは、やはり縁があったという事。


【2】女性側に妊娠疑惑が浮上…!
彼女の方に「もしかして妊娠かも…?」なんて兆候が見えた。
でも実際は妊娠しておらず、結婚を考えるいいキッカケになったというカップル。
次はいつそうなってもいいように、結婚という形をとったタイプです。
お互い改めて価値観や結婚観を再認識できる事でしょう。
「やっぱりこの人違うかも?」と思ったならそこまでなんでしょうか笑。


【3】付き合ってすぐに同棲を始めた
付き合ってすぐにどちらかの家に一緒に住み始めた。
きっとこのまま一緒だし、ずるずる同棲してないで結婚しましょうよというタイプ。
一緒に住んでみて生活習慣や価値観の誤差がない事を確認したうえでの結婚なので安心?

スピード婚って後悔しないの?

「え?もう結婚したの?スピード婚なんて後悔しそうだしすぐに離婚しそう…!」なんて独女のヒガミにしか聞こえません笑。
早かろうが遅かろうが、お互いの決めた事なのであたたかく祝福しましょう♪

しかも1度きりの人生。
たとえ失敗したって、一度くらい結婚経験があってもいいように思うのですが笑。

ズルズル何年も同棲してやっと結婚した…なんてカップルもいれば、
婚活パーティで出会ってすぐに結婚した…なんてカップルも♪

人それぞれいろんな形の結婚があります。
その人なりの幸せがきっとそこにあるなら、ステキな事ですよね♪

意識の強い20代での結婚は早い?焦り婚は勝ち組?負け組?

現代の日本人の平均結婚年齢ってご存知ですか?
女性が28.8歳。男性は30.5歳。

なんだかこれを見ると早いような気がしますが、やはり住んでいる地域によってもけっこう違うみたい。

地方に行けば行く程平均年齢は下がって行く傾向があります。


あなたの地元の友達もけっこう早くで結婚したコが多いのでは?

でも結婚は早いからって勝ち組なの?


20代のうちに結婚した人のなかには、「親の死」を意識して結婚したという人も。
やはり親は永遠に生きているわけではありません。

親の老後の事やもし自分が一人になってしまったら…と考え結婚を意識し始める人も少なくないんです。合コンにも積極的に参加し、お見合いや紹介の話も前向きに引き受けているんだそう!

しかし、20代のうちに結婚した人からは「独身の友人は時間やお金も自由でオシャレも楽しんでいて羨ましい…」というのも事実。

若い20代で結婚するのもなんだかもったいない…?という気もしてきます。


結婚に対する姿勢次第で勝ち組・負け組は決まる


若いうちにできちゃった結婚でその気はなかったけど子供を産んで結婚したという人や
いずれ結婚するものだし…と安易な考えの方も。

「当時は生むか迷っていたけど、今となったら産んでいてよかった」
「プロポーズをされたので生活の為に結婚した」
「たまたま仲の良かった同期の男の子にプロポーズされたから」

などなど、なんだか「浅っ!」というような動機も目立つのには驚き!

安易に働きたくないし…という理由で結婚した人は私の周りにもいますがけっこう離婚率が高い…!ような気がします。

最近の20代女性はしたたかというか賢いというか…。
彼と同等に働き、結婚に対して愛や夢を語らない。

いずれ結婚するなら今のうちに結婚を済ませ、これからの人生設計を考えているようです。


「私…結婚できるのかしら…」と悩んでいる独女のみなさま。
あなたが本気で行動すれば、必ず結婚はできます!